忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

竜の王女シマー (ハリネズミの本箱)
竜の王女シマー (ハリネズミの本箱)
  • 発売元: 早川書房
  • 発売日: 2003/04/15





(2013年読書感想80冊目)

原題 Dragon of the Lost Sea
ローレンス・イェップ 著 三辺律子 訳 増田幹生 挿絵

おすすめ度★★★☆☆ (3・5くらい。なかなか良質なファンタジーです。)


「でも、猛獣使いとたたかったときだって、塩におおわれた海底に落ちたときだって、勝ち目はあったかい?」ソーンは一歩もゆずらずに言った。「自分だけはかしこいと思ってるんなら、大まちがいだ」(p153)


中国系アメリカ人の作家、ローレンス・イェップの四部作、竜の王女シマ―の第一作目。
といっても日本では、このシリーズの刊行はこの1冊のみとなっていて、ちょっと残念です。なかなか良質なファンタジー小説なんだけどなあ。
ある日、宿屋の下働きの少年ソーンは、人間に身をやつしていた竜の王女シマ―を助けます。
シマ―は故郷の海を取り戻すため、魔女であるシベットを追っていたところ。
ソーンはシマ―に同行することを申し出ますが、二人は道中、喧嘩ばかりしていて……??

というようなお話かな。

面白かったです。短さの割に描写が丁寧で、読みごたえがありました。
また、シマ―の誇り高さと、ソーンの忠義っぷりがよかったです。
この二人が、喧嘩しながら徐々に友情を深めあっていく様が、ユーモアと感動を覚えることができ、とってもいいです。

振り仮名も多い新設設計なので、小学校中学年くらいから読めると思います。こういう本が、子供のファンタジー好きの萌芽になっていくといいなあと思える良書です。
だから本当に惜しいのは、続編の刊行が止まっていることですね。
ユニコーンに触れられたソーンの秘密、あるいは出生など、明かされていないことが多くてすごく気になってしまいます。
アメリカでは一応完結済みらしいですが、自分で原書買ってまで読みたいとは思えず……。いい本なんですけどね。

しかし、ハヤカワが児童向けのファンタジーを刊行していたとは知りませんでした。これから、ちょっと読んでみようかな?
ドラゴンのシマ―が誇り高くかわいいので、ドラゴン好きの方、東洋系ファンタジーが好きな方におすすめです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]