忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神の名はボブ
神の名はボブ
  • 発売元: 東京創元社
  • 発売日: 2013/11/20





(2013年読書感想78冊目)

メグ・ローゾフ 著  今泉敦子 訳 ワカマツカオリ 表紙絵

おすすめ度★★★★☆ (とにかく訳が秀逸! 面白かったです。)


「あなたはくずよ。なんの価値もない、くずそのものよ」(p212)


もしもこの地球の神が、わがままで怠け者で、自分勝手で、女の子とHすることしか考えていないティーンエージャーの男の子だったら!? もしその神様が、女の子に恋をしたら!?
この本、「神の名はボブ」は、まさしくそういうお話です。
地球に生活していて、理不尽なことばかり起こるこの世界の状況を、作者のメグ・ローゾフはこのような発想で説明づけています。

この本、おもしろかったです! 何よりも本当に訳が秀逸。邦訳ものにありがちなちょっと硬い訳ではなく、本当に今どきのティーンエージャーが使うような言葉で翻訳されているので、違和感なく読むことができます。

この世の神、ボブは本当にどうしようもない奴だけど、ある意味ですごく純粋で、憎めないのですよね。
何より、表紙絵のボブとルーシー、かわいすぎませんか!? もうこの表紙だけで、この本は素敵だなと思いますが、訳や読みやすい短い章立てなど、本当にYA世代の子に対して、親切な設定の良書になっていると思います。
ミスターBみたいな苦労性の真面目なキャラは人気ありそうだけど、私は断然ボブが好きだなあ。本当にすごくティーンらしいと思います。
それにしてもルーシーはちょっとかわいそうだったかも。ルークとうまくいってくれますように。
文章もきれいな印象で、とにかく本当によくできた本という印象でした。

そしてタイトル。原題のThere is No Dogというのは、犬がいないのではなく、逆から読んで神はいない、が正しいのですね。
宗教や戦争などの難しい問題に取り組み、なかなか奥の深い一冊でもあります。
面白かったです。ところどころくすっと笑える感じでした。
こういう本をYA世代にもっと読んでほしいな。

この本、ファンタジー小説に分類していいのか悩みましたが、たぶんアーバン・ファンタジーってやつだと思います。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]