忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



(2013年読書感想70冊目)

原題 A Caress of Twilight
ローレル・K・ハミルトン 著 阿尾正子 訳 
おすすめ度★★★★☆(久しぶりに読んだけどやっぱりこのシリーズはおもしろい!)


「わたしがあなたを守るわ、フロスト」
「そんなことできるわけはない」
「あなたを、あなたたち全員を守ると約束する」(p175)



パラノーマル・ロマンス「メリー・ジェントリー」シリーズの2作目の下巻。
シーリーコートの王タラニスの重大な秘密を知ったメレディス(メリー)
そのタラニスが、クリスマス前に、メリーを執拗にクリスマスパーティーに誘ってきて……。

下巻の話はまあこんな感じです。

一年以上ぶりに読んだけど、このシリーズはやっぱり面白い! 読み始めたら止まらなくなってしまう不思議な魅力があります。それもこれも、きっとキャラクターが魅力的なんだなあとおもいます。
途中まで読んでて、ゲイレンとニッカが空気すぎると思ってましたが、二人にも活躍の場があってよかったです。
この巻は近衛兵たちみんなが等しく活躍していて楽しかった。キャラクターが魅力的な小説は、読んでてやっぱり楽しいです。

しかし、この物語はやっぱりメリーが一番魅力的!
オンディーアイス女王のもとに帰りたくないと心底思う近衛兵たちを、守られる立場でありながら逆に守ると約束したメリーが男前すぎて……! 一気にメリーがそれまで以上に好きになりました。
この巻も、シーの祝福を受けたキットーなど、見所は多かったですが、一番の名シーンはここだと思います。

強敵ネームレストの戦いを経て、かつての力や新しい力を手に入れたメリーたち。
新しい近衛兵が来ることも示唆されて、こんなところで終わったら生殺し! 次も絶対読みたい! と思っていたら、残念なことに邦訳はここで打ち止めです。
でもあまりにも続きが気になるので、三巻目の原書を買ってしまいました。
どうも本編自体刊行が止まってるようですが、続きもゆっくりと読んでいきたいと思います。
本当、お気に入りのシリーズです。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]