忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



(2013年読書感想67冊目)

原題 A Song of Ice and Fire1 A Game of Thrones
ジョージ・R・R・マーティン 著 岡部宏之 訳 菅原健 表紙絵
おすすめ度★★★★☆(第一部完結! 壮大なる序章でした。)


「(前略)こんなことにはもう、終止符を打ちたい。家に帰りたいのです、みなさん。そして、夫のために泣きたいのです」(p301)


氷と炎の歌シリーズ、第一部完結編。
アメリカでは一番人気のファンタジー小説で、近年ドラマにもなって大成功しています。
この第一部を読むだけでも、1年以上かかりました。内容があまりにシビアなため、精神的に続けて読むことがつらくて……。でも、読んだらその本のおもしろさは折り紙付き。特にこの5冊目は、一気に読んでしまいました。

この5冊目に、エダードの章はありません。彼の最期があまりにもあっけなさ過ぎて、すごく悲しかったです。この第一部は、エダードとロバート王のお話だったと思うのですが、その2人とも亡くなってしまいました。
この1冊は、次の物語への序章といったところです。
何より目を見張るほど成長したのは、デーナリスとロブの二人ですね。ロブは次巻あたりに視点人物になりそうです。エダードに似てきたりして、この巻ではロブへの好感度急上昇でした。

一方、エダードの子どもの中で一番父親に似てるといわれた私生児、ジョンの行く末も気になります。彼の狼であるゴーストが守ってくれるといいのですが。

デーナリスは女王の風格たっぷりですね。次巻以降も注目していきたいです。この本はデーナリスのための一冊でした。

何にせよ、登場人物に対して、冬の寒風以上に厳しいこの物語ですが、全く先が読めないので、おもしろいのですが読んでいて心臓に悪いです。
おもしろいから次の話も読みたいですが、読むのはしばらくあとででもいいかな、などと弱気なことを考えてしまいます。

しかし、この物語のドラゴンは哺乳類だったんだなあ。ドラゴンの存在が、この小説をよりファンタジー小説らしくしていると常々思います。
正直登場人物みんな気になるから、いつか必ず続きを読むんだろうなあ。いつになるかはわかりませんが。
ドラマも、撮りためてるのを視ようかと思いました。
おもしろかったです。しかし、作者のマーティンは間違いなく(登場人物に対して)鬼畜ですね、とこのシリーズ読むたびに思います。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]