忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タラ・ダンカン 2 呪われた禁書 (上)
タラ・ダンカン 2 呪われた禁書 (上)
  • 発売元: メディアファクトリー
  • 発売日: 2005/08/03



(2013年感想32冊目)

原題Tara Duncan2 Le Livre interdit
ソフィー・オドゥワン=マミコニアン 著 山本知子 訳 村田蓮爾 表紙絵

おすすめ度★★★★☆(久しぶりに読んだけど面白かったです。)


「こいつ、ぼくを選んだんだ! バリュンヌという名前なんだって! ごめんなさいって言っている。どうしてあんなことをしたかわからないって……。こいつ、ぼくを選んだんだよ!」(p120)


ハリー・ポッターの姉妹作と呼ばれるフレンチ・ファンタジー、タラ・ダンカンシリ-ズの2冊目の翻訳(上巻)
前巻で殺人の容疑をかけられたカル。カルの容疑を晴らすため、タラたち仲間は、奮闘するが……。

といった内容かな。かなり大雑把ですが。今回はカルがかなり窮地に立たされます。

まずなんといっても、表紙のファブリスがイケメンである。このシリーズは登場人物が多くてこんがらがっていたけれど、これでファブリスを認識できました。本編でもファミリアを持つことが出来て、ファブリスはよかったね。
このシリーズはなんといっても、作者の奇想天外とも呼べる想像力が織り成す、別世界の数々の魔法や生き物が魅力的です。ハリー・ポッターよりもこっちのほうが好きだなあ。

展開もびっくりするくらいいろいろなことが一気に起きるので、息をつかせません。めまぐるしいくらいですが、勢いがあって一気に読めました。本当、この作品は濃厚です。訳とかがちょっと違和感あるときありますが。
それにしても煉獄の描写は何度読んでも気持ち悪いですね……、作者様の描写がうまいのでしょうが。別世界、私だったら行きたくないなあと思ってしまいます。

それにしてもこのシリーズ、1巻の時も感じましたが、やっぱりタラをめぐる青春恋物語になっていくんだろうか。
タラとかもうすぐ13歳で、ほかの人の年齢も同じくらいだと思うのに、特にロバンのタラを想う一途な気持ちは、ちょっと心配になってしまうくらい強いですね。青春っていうか、こんな若いうちからこんなドロドロの冒険や恋をしたら、トラウマになってしまいそうです。皆様の恋路と友情が、うまくいきますように。個人的にはこの恋の行く末を見届けるためだけにでも、このシリーズを読みすすめたいです。

それにしても、まあそういうお話なのですが、何でもかんでも魔法で解決してしまうのはちょっとね……、と思う場面も結構あったり。まあ、その魔法の発想が面白いのですが。
下巻も楽しみに読みたいと思います。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]