忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドラキュラ (愛蔵版世界の名作絵本)
ドラキュラ (愛蔵版世界の名作絵本)
  • 発売元: 小峰書店
  • 発売日: 2012/01




(2013年感想22冊目)


ブラム・ストーカー 原作 リュック・ルフォール 再話 宮下志朗 船橋加奈子 訳 ブリュチ 絵

おすすめ度★★★★☆(期待しすぎたかなあ。雰囲気はバッチリで、大好きなのですが、もう一歩という感じ?)


「作り話かのうーー人はみな、幽霊とな、実在する吸血鬼とをいっしょくたにしているんじゃよーー夜のあいだにさまよって、人の首すじに吸いついて腹を満たすしかない、あわれな存在とな」
(p20)



ブラム=ストーカーの「ドラキュラ」といえば、知らぬ人のいないホラー小説でないかと思う。
かく言私も吸血鬼に魅せられ、様々な関連書籍などを読みあさったものです。吸血鬼好きといってもいいでしょう。
しかし、そういえば恥ずかしいことながら、「ドラキュラ」本家は読んだことがなかったのです。そんな中ふと目にしたのが、この絵本の存在であります。

まず、表紙の雰囲気がいいですね。何とも言えないゴシックな感じを受けます。この表紙に惹かれて、本書を読んだといっても過言ではありません。

サイズは結構大きい本で、中にも割と文字がびっちりしています。大人向きの絵本と言っていいかもしれません。
訳文も硬めだし、中身もなんというかダイジェストな印象を受けました。
しかし、名作であるドラキュラを絵本で読める、それだけでこの本の価値は十分すぎるほどだと思います。

暗くなってから読むと雰囲気倍増していいですね。
作中に終始漂う薄暗さが、挿絵と相まって、まるで暗い大きな屋敷でこの本を読んでいるかのような気分させられます。
お話としても、まさしくホラーで情緒たっぷり。
ただ、表紙に期待しすぎてしまったのか、挿絵にはあまりぴんと来なかったです。挿絵も怖いのですが、あんまり怖くないというか……。微妙。
ただ、ホラーものとして、雰囲気は本当にバッチリの一冊となっています。
ドラキュラ好きの全ての方、あるいはドラキュラ入門編として、全ての人にもっとおすすめしたい一冊ですね。もっといろいろな人に読んで欲しい1冊となっています。ちょっとお高いので、まずは図書館などで見かけたらぜひ手にとって読んでみてくださいね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]