忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




(2013年感想14冊目)


原題 A Song of Ice and Fire1 A Game of Thrones
ジョージ・R・R・マーティン 著 岡部宏之 訳 菅原健 表紙絵

おすすめ度★★★★☆(スターク家はバラバラに…。終幕を感じさせる1冊です。)


「人生は歌ではありませんよ、かわいいお嬢さん。あなたもそれを知って、悲しい思いをすることでしょう」(p31)


「七王国の玉座」4冊目。
国に対する大罪を暴いたエダード。しかし、その事実が、彼を破滅へと導きます。スターク家とラニスター家は対立し、国は血を流そうとしています。一方、デーナリスは……。

この一冊で、物語は大きく動き出します。この巻のネッドは高潔というよりむしろ、不器用な人といった印象。ネッドの行動は全て裏目にでて本当に可愛そうです。
それにしてもこの巻で、スターク家はバラバラになってしまいます。いつか一家がまた一緒にいるところを見たいですが、それはかなわないことなのだろうなあと思ってしまいます。アリアの行方とか、気になることが多すぎて、読んでいて本当にハラハラします。まあ、つまり面白いということですが。

それにしても、視点人物ではないロブが、ここ最近株を上げてきていますね。次の巻で視点人物になるのでしょうか。登場人物が背負うものが重すぎて、読んでいてくらくらします。

まあしかし、容赦のないある意味公正な展開が魅力のこのシリーズですが、ヴァイサリスはこの巻で死ぬのですね。嫌な奴ですが、嫌いではありませんでした。私はラニスター家も好きです。不道徳だけど、人間くさくてそこが魅力的なのですよね。

ジョンのいる北の壁にも不穏な気配がするし、ラストの1冊でどうなるのかが本当に楽しみです。(そうしてちょっと怖くもありますが……)
表紙はケイトリンでしょうか。神々の森を背景にした表紙が神秘的です。
しかし、サンサとアリアといい、ケイトリンとリサといい、姉妹があまり仲良くないのが、妙にリアルだよなあと思ってしまいます。そんな人間関係も魅力的なところかなと思います。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]