忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冬物語 (1982年) (ハヤカワ文庫―FT)
  • 発売元: 早川書房
  • 発売日: 1982/08/31



(2013年感想7冊目)


原題 The Winter Players
Companions on the Road

タニス・リー 著 室住信子 森下弓子 訳 坂口尚 表紙絵
おすすめ度★★★★☆(特に冬物語が絶品です。)


「いつかあんたなりにわかるときがくるだろう。わたしたちは不思議なゲームの競技者(プレイヤー)なんだ。あんたと、そしてこのわたしは。もうひとり第三の人物(プレイヤー)もいるんだが。そいつはまだそのことを知らない」(p61)


タニス・リーの著作の中でも、積んでいたものを読書です。冬物語という題名が、今の季節にぴったりですね。
タニス・リーの初期の中編集です。「冬物語」とアヴィリスの妖杯」の二編を収録しています。
「冬物語」は、巫女オアイーヴが、奪われた聖遺物を取り戻すため旅に出る物語。そこで意外な真実を知ることになります。
「アヴィリスの妖杯」は、盗んだ盃を、「死」という追っ手から逃れ捨てに行く物語です。

この対極でありながらどこか似ている2篇の中編構成が素晴らしいです。リーにしては、筋書きも筆致も地味な方ですが、なんとも心に染み入るものがあります。特に「冬物語」のラストの展開は秀逸です。この話、好きだなー。
冬物語は、灰色の世界の中に、グレイ(シルディン)とオアイーヴの周囲にだけ色が付いたような情景が素敵。「アヴィリスの妖杯」は、3人の道連れが一人また一人と謎の死を遂げていくお話なので、少し恐ろしいですが、その恐ろしささえも、奔放なイマジネーションの下に描かれ、圧倒されます。

でも、断然わたしは「冬物語」が好きです。なんとも静謐で、ロマンチックで、内に熱いものがあります。
解説にもあったとおり、読みながら「ゲド戦記」や「指輪物語」を思い浮かべていました。しかし、地味な筋書きの中にもリーらしさがあるのはさすがという他ない。やっぱりリーの初期作品にはハズレがありませんね。
坂口さんのこの表紙も、読み終わったあとに見返すと、なかなか味があっていいものです。
また、冬になったら読み返したいな。とっても素敵なファンタジー。ぜひ読んでみてください。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]