忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月と太陽の魔道師 (1982年) (ハヤカワ文庫―FT)
  • 発売元: 早川書房
  • 発売日: 1982/07/15



(2013年感想3冊目)

原題 East of Midnight
タニス・リー 著 汀奈津子 訳 坂口尚 表紙絵 

おすすめ度★★★☆☆(悪くはないけど、リーらしさはあまり感じられないかな。)


「われわれは誰も自由ではない」(中略)「国王も、領主も、主人も、使用人も。われわれはみな、何かの奴隷なのだ(後略)」(p28)


「月と太陽の魔道師」の感想です。
この著作、「ダーク・ファンタジーの女王」、「現代のシェヘラザード姫」などと呼ばれ日本にも多くのファンのいるタニス・リーの作品の中でも、日本で一番初めに紹介された作品です。
逃亡奴隷のデクテオンは目を覚ますと、平行世界に迷い込んでいました。そこは女王が治める女尊男卑の世界。女王の配偶者で、まもなく儀式によって殺されることになっている魔術師ザイスタアは、魔術を使ってデクテオンと成り代わり、自身の世界からの逃亡を測ります。

リー版「王様と乞食」といったところでしょうか。ジュブナイル小説なこともあり、リーの特徴である耽美な筆致はかなり抑えられているというか、ほとんど感じられませんが、色彩の描写のセンスはこの頃からばっちりです。
デクテオンとザイスタアは、ほぼお互いの能力まで入れ替わります。別世界に住まう同一存在でありながら、まったく対極に位置する二人。しかしその二人が入れ替わり、お互いが経験し得なかった経験をすることで、めざましく成長していきます。その様子が、たまらなく爽やかで、そうしてちょっと切ない読後感です。

表紙は坂口版と中山星香版がありますが、わたしが読んだのは坂口版。これもまた、全く雰囲気の違う表紙で、インパクトがあります。坂口版が先ですが、コレクションするなら中山版がいいかなあ。

最初はデクテオンの脳筋ぶりがリーらしさを感じられなくて、あまりのめりこめませんでしたが、後半になるにつれ面白くなってきて、一気に読めます。やっぱりリーの作品はいいですね。何かあっさり読めるものを探してる時にはいいかもです。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]