忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

緑の使者の伝説(上) (ハヤカワ文庫FT)
緑の使者の伝説(上) (ハヤカワ文庫FT)
  • 発売元: 早川書房
  • 発売日: 2012/08/07



(2012年感想115冊目)

原題 Green rider
クリステン・ブリテン 著 小林みき 訳 
おすすめ度★★★★☆(少女を主役にした王道ファンタジー。続きが楽しみ。)


「(前略)いい? 自分で決める、それがだいじ。いやいや密書を届けようとしているなら、すでに失敗したと同じこと。わかる?」(p71p)


クリステン・ブリテンの処女作、Green riderの邦訳です。書店で見かけた時から表紙に惹かれ、読んでみたいと思いこの度読書しました。向こうでは4作も出ている人気シリーズらしいです。確かに、王道ファンタジーで受けがいいんだろうなと思えた一冊でした。

主人公のカリガンは寄宿舎学校で、貴族の息子と喧嘩し、それがきっかけで停学処分になり、学校を逃げ出します。故郷に帰る最中、王の使者である瀕死の<緑の使者>、フライアンに出会い、彼から、王のもとに密書を届けて欲しいと頼まれることから、カリガンの旅が始まります。

一言で言うなら、剣と魔法と陰謀の王道ファンタジーですね。しかしそこがいいのです。最近、こういうファンタジーも少なくなってるからなあ……。
カリガンの旅は、最初は順風満帆で、魔法にとても恵まれているなあという印象。しかし途中でだいぶひどい目にも合うので、なかなか可愛そうです。
でも、いろいろな魔法や協力者が協力してくれて冒険するので、とてもワクワクします。魔法が絡む描写はなかなか美しい。ハヤカワでなくても、児童書レーベルでも出せそうなお話だなあと読みながら思いました。
個人的に、森を舞台にしたファンタジーは大好きなので、そう言う意味でもこのファンタジーは嬉しいですね。きっと作者は、自然保護なんかにも興味があるんだろうなあと思いました。

この前半の巻では、カリガンはまだ王にも目通りしていません。だから、ザガリー王がどのような人物なのか、今のところわからないのがちょっと残念。悪いことを企んでる兄のアミルトン公なんかの方が、よっぽど個性的なキャラに見えてきかねないなあという印象。
それと、トマスティンじゃないですが、ベリルは可愛いなあと思いました。カリガンも、まっすぐで強い女の子だし、やっぱり強い女の子が活躍するお話は好きです。カリガンの旅はまだまだ波乱が続きそう。続きを楽しみにしたいと思います。
それにしても、喋ってもいないホースがいい味出してました。ベリー姉妹もいいですね。そんな脇役の個性が光る一冊となっています。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]