忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




(2012年感想108冊目)

スーザン・クーパー 著  浅羽莢子 訳
おすすめ度★★★★☆(4・5くらい。キャラクターとウェールズの自然が魅力的)


「人間って複雑だね」と悲しげに言った。
「そうとも」(中略)「だがな、君らと君らの敵が戦いを終えたあと、ウィル・スタントン、最後に世界の運命を決めるのはまさにこういった人間なんだよ。」(p157)



「闇の戦い」シリーズ三作目。
肝炎を患い、ウェールズの親戚のもとに療養にきたウィルに、闇の魔の手がのびようとしています。そうしてウィルはウェールズで、不思議な少年、ブラァンと出会い・・・。
といったようなお話です。

久しぶりに読んだけど、やっぱりこのシリーズは面白いです!
何気ない日常生活の中に忍び寄る「悪」の恐ろしさ、残酷さやそれに対する「光」の酷薄さが、なんとも良く描かれていますね。この、日常生活と溶け合ったファンタジィの描写に、心がとてもときめきます。

また、この巻から、今までその存在を匂わす程度だったアーサー王伝説の存在が、色濃く現れてきます。アーサー王伝説が好きなので、この展開は嬉しいです。
新しく登場した少年ブラァンも、なんと魅力的なことでしょうか。彼の正体(?)は割とすぐ想像がついてしまいますが、それでも胸震えるものがあります。
とにかくこのブラァンとウィルが魅力的で、あっという間に読み終えてしまいました。
しかしこのお話、あるいはシリーズ全体を覆う、えも言われぬ悲しみのようなものが、わたしはすごく心惹かれてしまいます。
カーヴァルを失ったブラァンの悲しみ、グウェンを失ったブラァンの父親の悲しみ・・・。様々な悲しみが本著には溢れています。そうして、そこがまたたまらなく良いのです。

またウェールズの風土や自然も魅力的な一冊となっています。いつか、ウィルたちの活躍したウェールズまで行ってみたいな、とそんなことを考えながら読書していました。
それにしても私にとってブラァンが魅力的すぎて、本当に愛おしいシリーズとなったのは間違いありません。次の最終巻では、ウィルやブラァンやドルー兄弟が加わって、またもや楽しめそうな一冊になりそう。読むのが楽しみです。
巻を追うごとに面白くなっていくシリーズだと思います。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]