忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




(2012年感想86冊目)

原題 A Kiss of Shadowsローレル・K・ハミルトン 著 阿尾正子 訳 
おすすめ度★★★★☆(面白かった! このシリーズ、私は好きです)


「あなたが彼の死を望むといえばそのようにします。体の部位をひとつ選んでください、わたしがこの手でもってくる」(p303)


輝ける王女の帰還の下巻。
上巻は読むのに多少時間がかかりましたが、下巻はあっという間だった! 面白かった!
魔力を復活させたメリーは、伯母である女王から宮廷に召集され、次期王位継承者へと指名される。いとこのケルと、どちらか早く後継ぎを設けたほうが王位につくのだ。
宮廷に戻るなり仕掛けられる様々な罠。近衛兵たちは、身を挺してメリーを守ると誓うが……。

というようなお話。

いやー、このお話にここまでハマるとは思わなかったです。
何より、メリーをまもる近衛兵たちが魅力的。黒のドール、銀のフロスト、緑のゲイレン、白のリースと青のバリンサス。それにゴブリンのキットー。どの近衛兵も甲乙つけ難くて、みんな魅力的に見えてしまいます。
でも、強いて言うならお気に入りはドール、フロスト、リースかな……。
また、メリーも守られてばかりじゃなくて、自分、あるいは近衛兵たちを守ってやるぞ、という気概が感じられて素敵です。ある意味では、メリーが一番男前かも……。

色っぽい描写もかなりありますが、それでもロマンス小説というよりはファンタジーなのかも。でも、誰が王配になるのかが気になって仕方ないです。ついついページをめくる手が止まりませんでした。
いずれにしても、まだ物語はプロローグといったところ。
メリーと近衛兵たちの今後の活躍に期待です。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]