忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピーターと星の守護団 (下)
ピーターと星の守護団 (下)
  • 発売元: 主婦の友社
  • 発売日: 2007/03/01


(2012年感想85冊目)


原題 Peter and The Starcatchers
デイヴ・バリー リドリー・ピアスン 著 海後礼子 訳  谷口愛 挿絵
おすすめ度★★★☆☆(3・5くらい。ピーターパンの前日譚としてパズルがはまっていきます)

ネバーランド。あるわけもない場所……。
ピーターは、その言葉を見つめ、それから、あたりを見わたした。
(中略)
「なんだ、ネバーランドって、この島のことじゃないか!」(p313)




「ピーターと星の守護団の下巻。
船での逃走劇が一転、下巻では謎の島でのお宝争奪戦となっています。
あとがきでも書かれていましたが、テンポのいい文章、短い章立て、気の利いた会話、それらが組み合わさって、読んでいて息もつかせず、なかなかページをめくる手が止まりませんでした。
でも、章立てが短くてあちこち視点が変わるので、読んでいて混乱したのも事実でしたが……。

でも、この本のなによりいいところは、ピーターパンの前日譚として、全てのピースがきちんとはまっていくところですね。
ネバーランド、黒ひげとピーターの出会い、ピーターが空を飛べたり、年を取らなかったり、人魚と仲良しな理由……、読んでいてこの小説に書かれていることが真実なんじゃないかと思ってしまうくらい、この本の中にはファンタジーが詰まっていました。

まあそのぶん、全ての力の源である<流星砂>はいささか便利すぎるかなあ、という気もしてしまいましたが。でも、そのネーミングも含めて、これまた素敵なアイテムです。
最後、モリーとピーターが別れてしまうのも残念。まあ、しょうがないのですが。続編では二人も再会すると書かれていたので、続編にも期待したいです。期待といえば、最後に出てきた妖精ティンクにも期待したいですね。
実は原作はほとんど知らなかったのですが、それでも楽しく読めましたし、とっても面白いシリーズでした。おすすめです。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]