忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピーターと星の守護団 (上)
ピーターと星の守護団 (上)
  • 発売元: 主婦の友社
  • 発売日: 2007/03/01





(2012年感想82冊目)


原題 Peter and The Starcatchers
デイヴ・バリー リドリー・ピアスン 著 海後礼子 訳  谷口愛 挿絵
おすすめ度★★★★☆(ピーター・パンがいかにして生まれたかみたいな話。なかなか面白い!)


「いいわ。まずは、“わたしたち”がだれかってことね。わたしは、ある人たちの仲間にはいっているの。といっても、人だけじゃないけど。わたしたちの仲間は……」そういいながら、モリーは首にかけた金の鎖に手をやった。「〈星の守護団〉って呼ばれてるわ」(p197)


題名に惹かれて手にとった一冊。あと、装丁がとっても綺麗です。
題名に惹かれて手に取りましたが、中身をパラパラめくると、すぐにこれが「ピーター・パン」にちなんだお話だということがわかります。
なんというか、ピーターがいかにしてピーター・パンになったかを書いていくシリーズなのかな? という感じがします。そう思うと、なかなか興味深く読めました。もともと海賊とか、好きなんですよね。

ピーターは、孤児院にいた男の子。しかしある時、ネバーランド号に乗せられ、悪い国の王様に奴隷として売り飛ばされてしまうことに……。しかも船の中で出会った女の子、モリーは、とんでもない秘密を持っていて……。

というようなお話です。

何より、訳文、行間、挿絵と、この本はとても読みやすいので好感です。海後さんの翻訳、好きです。
それなりに分厚い本なのですが、一気に読めてしまいます。こんなことなら下巻も一緒に借りてくればよかった。ハラハラドキドキの展開は、読ませる力もありました。

また、モリーがとっても可愛いです。ファンタジーの女の子は、こうでなくっちゃ。
あと、船員たちもそれぞれ味があって良かったです。

個人的には、この本に出てくるイルカたちがお気に入り。イルカと会話するところが、面白く、またとても幻想的でした。
星の守護団というタイトルが気になって手にとったのですが、最後の方までその存在が明るみに出なかったので、タイトル詐欺か? とヒヤヒヤしたのですが、この星の守護団も、物語にがっちり入り込んできてるので、読んでいて楽しかったです。

とはいえ、ピーター・パンはまだまだ、ただのピーター少年。ここからいかにしてピーター・パンになって行くのか、楽しみに読みたいです。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]