忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

死霊の都 (ハヤカワ文庫 FT 50)
  • 発売元: 早川書房
  • 発売日: 1983/03/31

(2012年感想65冊目)

原題 Shon The Taken
タニス・リー 著 森下弓子 訳 天野嘉孝 表紙絵
おすすめ度★★★☆☆(好きな話なのですが、もうちょっと書き込んでほしかったかも)
 
「おれたちをとめられるものがあるかい?」ダーンがショーンに問いかけた。
「なんにも」
二羽の鷲となって、かれらは飛んだ。東をさして。(p95)

タニス・リーのジュブナイル・ファンタジー。
原題の直訳は「憑かれ者ショーン」です。
その名の通り、「死」である鴉たちに憑かれ、村八分にされ、殺されかけたパイン・ウォーク村の若者ショーンが、九死に一生を得て、鴉たちに一矢報いようと死の都まで冒険をする物語です。はたしてショーンの運命は……!?

この話、好きです。夜を舞台にした妖しい物語ですが、そこまで暗さがなく、一気に読むことができます。ショーンとロートの友情、ダーンとの冒険、パイン・ウォークにまつわる隠された秘密と死の子供たちである鴉たち。魅力的なエッセンスがいっぱい詰まった、素敵なファンタジーとなっています。

でも、全体的にもうちょっと書き込んでくれたら、もっと素敵になっていたのに、と思う一冊でした。特に最初のほうに出てきたショーンの親友ダーンが、あっさりとショーンを見捨ててしまったところでは(ロートが好きだっただけに)ちょっと拍子抜けというか残念というか……、でした。
そうして、そのあと知り合ったダーンも……。ダーンがどうなってしまうか、ぜひとも本編を読んでみてくださいね。

でも、読み進めていくうちに、この物語は人間の愚かしさを描き、その愚かしい人間を愛してやまない小説なのだ、と気づきました。怒りにより弟を森でつるし上げ、追放させたショーンの兄のジョフ。兄弟だと思っていた親友のロートはショーンをあっさりと見捨て、そんなショーンを森から助けたのは、兄のジョフであった……。そう言った、人間の感情の愚かしさを、何とも狂おしく書いている物語で、そんなところがお気に入りです。

また、登場人物一人一人に実は本当の名前があって……、というのもとてもいいです。なんだかこういうのってどきどきしてしまうんですよね。本当の名前というのは、なんてファンタジー心をくすぐるものなのでしょう。
ところどころ書き込みの物足りなさは感じますが、薄い本なのですぐ読めるし、なかなかの良品だと思うので、興味のある方は是非読んでみてください。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]