忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはよう ぼくだよ (えほんのぼうけん35)
おはよう ぼくだよ (えほんのぼうけん35)
  • 発売元: 岩崎書店
  • 価格: ¥ 1,365
  • 発売日: 2011/12/13

益田ミリ 作 平澤一平 絵
お勧め度★★★★☆(自分自身に迷える人に)

おおきな みみと りっぱな はり
こぐまは げんきに あるきます。
「おおきくなったら、 なにに なろう?」(p11)

岩崎書店さんから献本をいただきました。
献本とかあたるの初めてだから嬉しかったです。ありがとうございます!

お父さんとお母さん大好きなこぐまが、大きくなったら何になろうかな? と悩んでいます。
そうしていると、さまざまな動物が、あれがあればかっこういいんじゃないかこれがあればかっこういいんじゃないかと話しかけます。
こぐまはそれを試してみますが、ある時笑われてしまいます。
こぐまの、自分が大好きになるお話です。

とっても素敵な本だと思います。ただ、自分が大好きに、、自分に自信がもてるようになる1冊というのは、テーマ的に子供というよりはヤング・アダルト向け? とか思ってしまいました。成人を過ぎたわたしですら感じるところのある1冊となっていますから、幅広い読者の共感を得れるテーマを扱ったお話だと思います。ちょっと難しいかもしれないけど、もちろん子供にもおすすめの1冊。

おはよう、ぼくだよ というタイトルから連想していた話とは全然違うお話で、なかなかに深かったです。読む前と読んだ後とでは、この言葉に対する印象が変わっていました。そんな1冊です。
絵も、ぬくもりがあってかわいらしいものです。

保育園や幼稚園などの、集団の中で生活しているお子様に読んであげる本として、大変おすすめの1冊です。是非読んでみて下さい。

素敵な絵本をありがとうございました!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]