忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドラゴンランス〈3〉城砦の赤竜 (角川つばさ文庫)
ドラゴンランス〈3〉城砦の赤竜 (角川つばさ文庫)
  • 発売元: アスキーメディアワークス
  • 価格: ¥ 840
  • 発売日: 2009/11

原題 Dragons of Autumn Twilight
マーガレット・ワイス & トレイシー・ヒックマン 著 安田均 訳 ともひ 絵
お勧め度★★★★☆(個人的にはとても印象的な1冊)

「希望は見えないのか?」
「希望とは現実の否定です。荷馬の鼻先につるして虚しく歩き続けさせるだけの人参です」
「では、ただあきらめろと言うのか?」タニスはいらいらと樹の皮を放り投げた。
「ぼくは、人参を取り除いて自分の目でもって前進すべきだ、と言っているのです」

ドラゴンランスつばさ文庫版の3冊目です。そしてこれは原本を三分割したものの、一番最後の物語にあたります。
この話を読むのも数え切れないほどになりますが、やっぱり面白かった!この話は私が初めて読んだドラゴンランスなので、いつ読んでも感慨でいっぱいです。

読み返してみると、シリーズの中でも印象的なシーンが多いように思えます。
ティカやローラナと言った少女が、愛する人のために初めて剣をとり冒険するシーン、フィズバンやベレムの登場、物語を締めくくるリヴァーウィンドとゴールドムーンの婚礼。

こうしてみるだけでも、ドラゴンランスは愛の物語なのだなあと感じます。

この話では、裏切り者がいるかもしれないという疑心暗鬼状態のパーティが、いつ読んでもどこか痛々しい。
これほどまでにお互いを信じあえない登場人物って他のファンタジーにいるだろうか、とさえ思ってしまいます。そこがこのシリーズの魅力の一つなのですが。

それにしてもこのつばさ文庫版、ティカのふとももの挿絵を入れるとは一体どういう狙いなのだ! ただでさえこの本は(子供が読むには)ティカの描写がきわどい部分が多いのに!

昔はローラナがいいなあ、とか思っていたのですが、改めて読み返すとティカもとっても良い子ですよね。
こういう風にドラゴンランスというシリーズは、読み返すたびに新たな魅力に気づかせてくれるシリーズだと思います。

特にここまでの3冊は、一番冒険冒険していて面白いように思います。(好きとか印象的という意味を抜きにして)
ただ、だからこそ最後急ぎ足っぽくまとめてしまっているのが残念。

残念と言えば、つばさ文庫版の続刊が出ていないのも残念です。アルハナやシルヴァラや、ギルサナスのイラストが見たかった……。
また刊行再開してくれないものでしょうか。

そしてこの本には、レイストリンの煎じ薬やオティックのあげじゃがのレシピが載っています。こういうのってときめきますよね。オティックのあげじゃがは……、とにかくバターを大量に投下した印象が……。

ドラゴンランスシリーズの本の中でも、特に思い入れ深い一冊です。
おすすめ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]