忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

双子の星 (宮沢賢治絵童話集)
双子の星 (宮沢賢治絵童話集)
  • 発売元: くもん出版
  • 価格: ¥ 2,039
  • 発売日: 1993/08

宮沢賢治 作 ユノセイイチ 牧野鈴子 絵
お勧め度★★★★☆(とにかく絵が美しいです)

『クラムボンはわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』
『クラムボンは跳ねてわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

だいぶ以前に友人から借りて返せずじまいになっている1冊(いつか返さなきゃ……)
昨日テレビで銀河鉄道の夜を取り扱っていたので、本当に久しぶりに賢治を読みました。学校の授業以外で賢治をよんだのはじめてかもなあ……。

この本には「やまなし」「双子の星」「おきなぐさ」「祭りの晩」の四編を収録。
なかなかに大きなサイズのしっかりとした1冊で、非力な私には読むのが非常に疲れた1冊でもありました。この重さははたして子供向けなのか??
読むなら、お母さんと一緒に読んだほうがいいのかも……、なんて思ってしまいました。

賢治の文章は、とにかく心が洗われるような美しさがありますね!「対」や「無邪気」「想像力」「希望」と言った言葉が、賢治の文章を読んでいてまず思い浮かぶ言葉です。

私のお気に入りは「やまなし」「祭りの晩」かなあ。「双子の星」は何度も読まないと良さがわからない気がする。

あと、この本は挿絵が美しいのも魅力。このシリーズはいろいろな挿絵を描いている人がいますが、この本の挿絵はとてもきれいで、大人が読んでも魅力を感じる1冊になっています。

なにより本の重さと大きさに負けたので読むのが疲れますが、賢治の魅力が改めて伝わる1冊でした。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]