忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

満月の夜の伝説
  • 発売元: 岩波書店
  • 発売日: 1994/12/09

原題 Die Vollmondlegende
ミヒャエル・エンデ 文 ビネッテ・シュレーダー 絵 佐藤真理子 訳
お勧め度★★★★☆(4・5位。とにかく絵がいいです!)

「恥ずかしいんだよ」
「何だって」と、盗賊はあきれて聞き返した。
「お前の魂を救ってやろうなどと、思い上がっていた。だが逆に、お前がわたしの魂を救ってくれた。ずっと前に見た夢の約束は果たされたのだ。期待していたのとはまるで違っていたが。お前によってな。わかるまい」

エンデの絵本。というかもとは小説で、夫人の佐藤真理子さんの訳で1989年7月11日から7月13日まで、朝日新聞で連載されました。これはそれにシュレーダーが絵を入れたもの。
とにかく絵本にしてはビッグサイズです。持って帰るのも一苦労。しかしその分、エンデとシュレーダーという鉄板な組み合わせの作家二人によるコンボを充分に堪能できる1冊です。
シュレーダーの絵、本当に素敵ですね!

エンデの文章は、神は~、というような哲学的、神学的な内容や、悪人や善人、聖なるもの、邪悪な者などと言ったインド的な説話を思い出させるような、ちょっと難しい感じのお話です。
何というか、まさしく大人の絵本って感じですね。

隠者(聖人)と盗賊(悪人)という二人の対極的な男が、師弟になり、魂の救いを求める。
しかし、聖者にしか見えない世界があるように、悪人にしか見えないものもある。そうして、悪人が聖者を救うこともある……。と言ったようなお話の筋が、個人的には非常にお気に入りなのです。

エンデのお話は久しぶりに読んだのですが、奥が深くてお気に入り。他の作品も読み返したくなりました。

お勧めの1冊です。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]