忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花むすめのうた
花むすめのうた
  • 発売元: ほるぷ出版
  • 発売日: 1984/07

原題 Pohadka o kvetusce a jeji zahradce
フランチェシク・フルビーン 作 イジー・トゥルンカ 絵 千野栄一 訳
お勧め度★★★★☆(4・5位。とにかく絵がいいです)

庭は なみだをうかべると 花をのぞきこんだ。
そこには だれがいたとおもう?
小さな女の子が すわっていたんだ。
花からうまれた 花むすめだよ。

チェコの絵本作家、トゥルンカの挿絵によるチェコの絵本。チェコってクリエイター的には穴場で、本当に良質の物をたくさん作っている国ですよね!
この絵本も、トゥルンカの挿絵が本当に素敵です。

絵本としてはなかなか大きなサイズで、ボリュームもあります。でも、題名通り歌うように訳されているので、読むのは苦ではなく、むしろ楽しく読めるはず。

内容はハラハラドキドキしてしまった……、というか結構理不尽な展開でしたが、最後はハッピーエンドで、余韻のある終わり方で良かったです。

文章も挿絵も本当にきれい。このトゥルンカの絵のタッチ、たまらなく好みです。
本のサイズも大きいので、絵も大きく載せられているのが魅力。

翻訳の文章もきれいなので、声に出して読んであげたい絵本ですね。
とにかく、この独特の絵が本当に本当に素敵です。
チェコの言葉はさっぱりなので、原題がどういう意味なのかはわかりませんが、花むすめのうたという邦題も素敵です。
トゥルンカさんは、結構有名なクリエイターのようで、さまざまな活動を展開していたようです。
これから、ちょっといろいろ探してみようかな、などとそんな風に思った1冊でした。
お勧めです。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]