忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

血の偶像 (ヴァンパイレーツ 6)
血の偶像 (ヴァンパイレーツ 6)
  • 発売元: 岩崎書店
  • 価格: ¥ 998
  • 発売日: 2010/04/17

原題 Vampirates:Blood Captain
ジャスティン・ソンパー 著 海後礼子 訳 三浦均 絵
お勧め度★★★★☆(やっぱり面白いシリーズです!)

「気をつけよ。わらわは、そなたよりもずっと長く生きてきたが、身にしみてわかったことがひとつある」
「なんですか?」
「答えを知る覚悟のない質問は、しないこと。わかるか?」

ヴァンパイレーツの6冊目。原書では3冊目の中盤にあたります。
日本語版の1巻~4巻までの今までは原書を2分冊していましたが、日本語版の5~7巻で1冊という3分冊になっているようです。

今回の話は、コナーにもグレースにも、あるいはジェズにも、覚悟を強いられる話でしたねー。
グレースたち双子とローカンの過去のつながりって何なんだろう。血縁関係だった的な何かだったら嫌すぎるな……。
シドリオも生きていろいろ暗躍してそうなので、それがどういう結果になるか気になる。ジェズもオリビエも良い人だと思うから報われてほしいんだけどなあ。
ジェズと言えば、ダーシーがジェズに一目ぼれする展開になるとは思わなかったので意外でした。ジェズもまんざらじゃなさそうですし。しかしジェズは本当に女の人に好かれるのが上手いな。
最初は登場人物の書きわけとか掘り下げがあまりないかな? とおもったシリーズなのですが、徐々に掘り下げられていてうれしい限りです。
新しい新キャラでいえば、ジョニーも気になりますね。
登場人物も多いシリーズなのですが、ごちゃごちゃになることのないお話なのもポイント高いです。

とにかくもう、初めての殺人をしてしまったコナーはどうなるの?? とか、グレースの進退は? とか、ヴァンパイレーツ船でのジェズとダーシーとシャンティの今後は? とか、シドリオはどうなる? とか気になることが多すぎます。もちろん、ローカンの目が治るかも気になりますしね。

面白いシリーズだと思うのですが、世間ではまだまだマイナーなのでしょうか。是非読んでみて下さい。お勧めのシリーズです。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]