忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さまよえる魂 (ヴァンパイレーツ 5)
さまよえる魂 (ヴァンパイレーツ 5)
  • 発売元: 岩崎書店
  • 価格: ¥ 998
  • 発売日: 2009/12/08

原題 Vampirates:Blood Captain
ジャスティン・ソンパー 著 海後礼子 訳 三浦均 絵
お勧め度★★★☆☆(3・5位。新章開始という感じ??)

「よくきたね、グレース・テンペスト」
グレースは、モッシュ・ズーのまなざしが、深くさしこんでくるような気がした。やがてモッシュ・ズーは目をほかの客たちにむけた。
「四人とも、サンクチュアリへようこそ。みながここで、もとめるものを見出せるように」

ヴァンパイレーツの5冊目。コナーもグレースも、それぞれが新しい局面を迎えます。
グレースはローカンの目を治すために、山を登り悩めるヴァンパイアたちの暮らすサンクチュアリに。そこにいるヴァンパイレーツの導師、モッシュ・ズーに会いに行きます。
コナーの乗るディアブロ号では、レイス船長の弟が訪ねてきます。また一波乱ありそうな予感!?

今回のお話は新しい環境へのイントロダクションみたいな感じでした。
グレースが行ったサンクチュアリは、なんとなくダレン・シャンを思い出してしまったり。そういうところにもやっぱり影響があるのかな。
影響と言えば、作者様は日本とか東洋が好きなんだろうかと思えてきます。なんとなくちょっと恥ずかしいけれど、日本の武術とか刺身とかが話題になるのはうれしいですね。

内容としては、コナーのほうは、なんといってもジェズが悲しかった! ジェズが今の境遇に苦悩しているという事実が、コナーだけではなく読んでいる私たちにまで伝わってくるようで、うれしくもあり、苦しいです。
しかも今回の巻はすごく気になるところで終わっているし! 本当にこの作者様は先へ先へと読ませる引力のある作品を書く方だなあと思います。

コナーの成長は傍目にもわかるほど著しいけれど、グレースも成長しているんだなということがわかって嬉しいです。
癒し手としての力を認められるグレースでしたが、はたしてどうなるんでしょう??
グレースは周りの人に恵まれてるなあという印象でした。船長しかり、モッシュ・ズーしかり、ローカンしかり。
でもコナーには、疑惑の種がまかれてしまった。これからどうなるのか気になります。
本当に、誰が敵で誰が味方になるかわからないシリーズですね。

今回のお話は、モッシュ・ズーの歓迎のメッセージがよかったです。グレースは本当に恵まれているなあ。

本当に、とっても気になるところで終わってるので、次の巻を読むのが楽しみです。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]