忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いちばん美しいクモの巣 (詩人が贈る絵本 II)
いちばん美しいクモの巣 (詩人が贈る絵本 II)
  • 発売元: みすず書房
  • 価格: ¥ 1,890
  • 発売日: 2001/12

原題 Leese Webster
アーシュラ・K・ル=グウィン 著 長田弘 訳 ジェイムズ・ブランスマン 絵
お勧め度★★★★☆(派手ではないが味わい深い本)

「これは、いままでにわたしのつくった、いちばん美しいクモの巣だわ」

ゲド戦記などで有名なル=グウィンの描く絵本。
書くことは夢を翻訳すること、とル=クウィンは言います。そのため、彼女は様々なジャンルの、さまざまな種類の本を書きます。
このお話も、書くことは夢を翻訳すること、というような彼女の思いを形にしているものの一つでしょう。

クモのリーゼ・ウェブスターは、ある日いつも通りのクモの巣ではなく、本当に美しいと思えるクモの巣を作りたいと思い、それに熱中します。
そうして、彼女が見出した美しいクモの巣とは……?

この絵本は、さらりと一読するとそこにあるメッセージ性を感じ取ることが難しいかもしれません。私も、最初はちょっと首をかしげました。
でも、この本はまさしく、作者の物を書くこと=創ることの喜びを訴えた作品なのかな、と感じます。
派手さはないけれど、物を作ることの喜びや楽しさや、苦しみさえもが、この本には描き出されています。
その創るものは何でもいいのです。料理でも、絵でも、あるいは形に見えないものでも。

でも、物を作ることに熱中したことのある全ての人は、この本から何かを感じ取ることができるのではないでしょうか。
クモの巣という、人間の世界から見たら何気ないものに注目した、温かいまなざしの物語だと思います。

絵も繊細で、物語の世界を邪魔することはありません。
どちらかと言うと、大人が静かに堪能する絵本だと思います。
そういう絵本をお探しの方は、是非いかがでしょうか。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]