忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アーサー王ここに眠る (創元ブックランド)
アーサー王ここに眠る (創元ブックランド)
  • 発売元: 東京創元社
  • 発売日: 2009/04/28



原題 HERE LIES ARTHUR
フィリップ・リーヴ著 井辻朱美訳
お勧め度★★★★☆(アーサー王伝説を知ってる方にも知らない方にもお勧めです)

カーネギー賞受賞作。
表紙の竪琴を持った詩人(ミルディン)が気になって読んだ話です。
アーサー王を一人の少女の目から見たお話。でも此処で描かれるアーサーは普通の粗暴な軍隊長にしか過ぎず、彼が英雄になるのはミルディンの語る物語の中においてです。
最終的には読者も、現実に起きたことより物語のことのほうが真実なのだと錯覚してしまう手腕は見事です。
多くの死傷者が出ますが、最後に語られる物語ではみんな活き活きしてて、それだけで救われる気分になります。

また、主人公のグウィナは生きるために男の子(グウィン)となり、女の子として育てられた少年ペレドゥルと出会ったりもします。そういう、女の子から見た男の子像や、男の子から見た女の子像等も鮮やかです。
でも、この物語で一番心に残るのはランスロットの原型となったベドウィンとアーサーの妻グウェニファーの恋でした。
ペレドゥルは後のパーシファルだというし、ミルディンはマーリンのウェールズ語読み。アーサー王伝説を知っているとより楽しめると思いますが、知らなくても楽しめると思います。
夏のように瑞々しい情緒が全体に漂う、素敵なお話でした。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 よろしければぽちっとお願いします!  追記は登場人物メモです。

拍手[0回]


グウィナ(グウィ) 孤児の少女
ミルディン 吟遊詩人
ペレドゥル アーサーの旧友の子。女の子として育てられる。
ベドウィル アーサーの甥
グウェニファー アーサーの妻となる女性
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]