忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ライオンと魔女 (カラー版 ナルニア国物語 1)
ライオンと魔女 (カラー版 ナルニア国物語 1)
  • 発売元: 岩波書店
  • 発売日: 2005/05/27


(2012年感想105冊目)

原題:The Lion, the Witch and the Wardrobe
C・S・ルイス 著 瀬田貞二 訳 ポーリン・ベインズ 挿絵
おすすめ度★★★★★(雪に閉ざされたナルニアがとにかく幻想的です。)

アダムの肉、アダムの骨が
ケア・パラベルの玉座について、
悪い治世が終わるもの。(p99)


冬が近づくと、読み返したくなる本があります。
それがこのナルニア国物語です。
衣装ダンスの中をくぐり抜けたらそこは異世界だった。というのはあまりにも有名ですね。実際、次のシリーズ以降は衣装箪笥とは限らないのですが、とにかく、衣装箪笥というとナルニアへの夢とあこがれが広がる人も多いのではないでしょうか。原題も直訳すると、「ライオンと魔女と衣装箪笥」、ですしね。

ナルニアを初めて読んだのは確か大学生の時ですが、とにかくこの1巻の「ライオンと魔女」の雪に包まれた、静謐だけど鮮やかな世界にやられました。
そのナルニアにやってきた四人の兄妹、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィは、ナルニアを不正に支配する白い魔女に、ライオンの王アスランとともに立ち向かいます。

やっぱり、何度読んでもナルニアはいいですね。何度も読み返したくなってしまいます。
改めて読み返すと、登場人物それぞれに個性があって、人物のかき分けが本当にうまいと感じました。そうして、永遠に続く善と悪との戦いという構図が、鮮やかに描き出されています。
兄妹のひとりのエドマンドが、最初は悪い魔女に味方するという構図も、単純な善と悪の対比ではなく描かれていて、最初は愚かなこのエドマンドこそ、この巻で最も愛すべき登場人物の一人と言えると思います。
兄妹の長男で、責任感が強くしっかりもののピーター、優しくて現実的な姉のスーザン、ちょっと意地悪だけど、本当は誰よりも思慮深いエドマンド、正直者で純粋なルーシィ。この兄妹それぞれの性格や行動が、読んでいて自分もナルニアに迷い込んでしまったかのように錯覚するほど活き活きしています。

そうしてまた、彼らを助ける異世界の、人間以外の住民も素晴らしく息づいています。フォーン、ビーバー、セントール、そうしてアスラン。ナルニア国物語の影の主役は、この人間以外の住民たちかもしれません。
今回はカラー版を読みました。この挿絵がまた素敵で、想像力をかきたててくれます。
それにしても食べ物の描写がなんだか多くて、それらを想像するのも楽しかったです。冬になると、紅茶を横に置きながら、のんびりと読み返したくなる、そんな大事な物語です。

再読にあたって、多少思い出が美化されているなあと思う部分もありましたが、ナルニアの素晴らしさは色あせないと思います。本当に素敵な物語世界です。個人的には、死ぬまでに一度は読みたい本です。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]