忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビロードのうさぎ
ビロードのうさぎ
  • 発売元: ブロンズ新社
  • 価格: ¥ 1,575
  • 発売日: 2007/04

(2012年感想49冊目)

原題 The Velveteen Rabbit
マージェリィ・W. ビアンコ 著 酒井駒子 絵 抄訳
おすすめ度★★★★★(宝物のような1冊。

「ぼく いままでも ほんとうの うさぎだったよ」
「ええ ぼうやにとっては そうでしたよ。 ほんとうに あなたを あいしていましたから(後略)(P32)


ビアンコが書いた世界中で愛される物語を、酒井駒子さんが絵本にしたもの。
友人に勧められてからずっと気になっていたものを、図書館で借りて読みました。 
もう五年も前の本なのに、図書館で多少待たされるような、そんな大人気の絵本です。

それも納得の、素晴らしい絵本でした! 文章、翻訳の雰囲気。そうして酒井さんの絵が、この本を素晴らしいものにしています。
特にウサギ好きの私にはたまらない内容でした。
最後の、余韻のある終わり方も素晴らしいですし、何より絵本らしいファンタジックな展開に、胸がしまります。

お話自体は、ビロードでできた、一度は忘れ去られたウサギのおもちゃと、その持ち主である坊やの短いお話なのですが、物語全体に何とも言えない希望と切なさの混ざったような雰囲気があり、とても魅力的です。
酒井さんの絵も素晴らしく、絵も大きいので、絵本としてはとても素晴らしい1冊となっていると思います。
図書館で借りたけど、自分用にも持っていたいくらいです。
とってもおすすめの1冊です。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]