忍者ブログ
紅茶好きの管理人が読んだ読書の記録のためのブログ。ネタバレありですのでご注意ください。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 もしよろしければぽちっとお願いします!
最新コメント
[06/25 Smithk712]
[06/23 Smithc712]
[09/10 マユリ]
[09/08 fallclover]
[06/16 マユリ]
プロフィール
HN:
マユリ
性別:
女性
自己紹介:
Since2010.11.26
総読書感想数 430

読書と音楽とゲームとおいしいものと人形をこよなく愛する多趣味な人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かはたれ―散在ガ池の河童猫 (福音館創作童話シリーズ)
かはたれ―散在ガ池の河童猫 (福音館創作童話シリーズ)
  • 発売元: 福音館書店
  • 価格: ¥ 1,575
  • 発売日: 2005/10/01

朽木祥 著 山内ふじ江 絵
お勧め度★★★★★(よかった! ちょっとじんわりし、いろいろ考えさせられる切ない本です)

<「たいそう違う」って、いったいどこが違うんだろう>
八寸は、手を振って出ていく麻の名残惜しそうな顔や、八寸やチェスタトンを見るとぱっと輝く表情も思い浮かべた。一緒にいたらおもしろかったり、温かい気持ちになったり、ひとりぼっちで切なかったり──麻と八寸は、同じ気持ちをたくさん持っていた。

図書館で面展されていて読んだ一冊。これはよかった! 本当によかったです!
天涯孤独になった子供の河童の八寸は、人間界に修行に出されます。そうして人間界では、猫としてすごします。
八寸を拾ってくれた少女麻は、少し前にお母さんを亡くしたばかりで、さまざまな悩みを抱えていた……。
麻と八寸の心の交流を描いた話です。

まずは、なんといっても文章がきれいです。その美しい文章で、美しさとは何か、美しいことを美しいと感じる心はいったいどこから来るのか、などを何度も、痛切に語りかけてきます。
きれいな言葉で書かれたそれらの問いが、むしろ切ない音楽のように反復して、心に深く問いかけてくる絵本です。
美しいものを美しいと感じることに自信が持てないっていうのは、なんてつらいことだろうなと思います。でもそれは、この本を読めば、誰もが感じたことのある感覚の問いとして投げかけられます。

最初は文章や世界観に入っていくのがちょっと時間がかかるけど、あとは一気読み。
とにかく、きれいで、しんみりする、静かなのですが、深くしみわたるお話です。

お母さんを亡くして心を閉ざす麻や、彼女と真剣に向き合うお父さん、麻のそばにいて彼女を慰めるチェスタトン、そうして八寸とのひと夏の心の触れ合い。

最後は別れなければならない、幻のような出来事だけど、確かに残る大切な思い出……。そう言った思い出って、いいなって思います。

子供にも、大人にも読んでほしい、そんな素敵な絵本です。お勧め。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c Enchanted by Books マユリの本棚 2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]